中古コピー機を活用

コピー機オフィスやお店で仕様するコピー機は、ある程度の機能やスピードを備えている必要があり、家庭用と同様という訳にはいきません。業務用のコピー機を導入する場合、その購入費用は一台だけでもかなりの額が必要となってきます。新しくオフィスを構えるという場合には、オフィス機器のみならず、開業の為に、家具や内装、あらゆる準備に費用がかかり、相当額の初期費用が必要になりますので、コピー機に費やす額はできるだけ抑えたいと考えます。

オフィス機器の中でも、コピー機は今や、どんな仕事でも、パソコンに匹敵する程、無くてはならない存在となっています。その導入方法とは、新規で購入する、リース契約で導入する、中古コピー機を購入するという3つの方法があります。そのどれもメリット、デメリットがありますので、会社によってそれぞれ適切な購入方法は異なってきます。あるいは、導入される方の好みや条件によっても変わってきますので、使用する社員の方々との話し合いも必要になるでしょう。

ここでは、いくつかある購入方法の中で、中古コピー機の導入について紹介したいと思います。また、コピー機の選び方についても、高ければその会社に適切だという間違った考え方をしている方も沢山おられますので、賢い選び方についても説明します。これから起業されるという事業主の方、あるいは、コピー機の導入を検討されていて、購入方法や選び方について悩まれている方へ、ぜひ参考にしてみてください。