コピー機を上手に選ぶ

中古コピー機を購入すると決めたとして、次に悩むのは、自社に適した機種をどのように選択するかという問題になります。よく誤解されがちな選択方法に、高くて早い機種であればとりあえず良い物にちがいない、という考え方です。もちろん、良い物には違いないのですが、それが会社に適しているかといえば、必ずしもそうではありません。

印刷スピードコピー機の価格は、印刷スピードで決定します。一分間にどれだけ印刷できるか、速い程価格は高くなり、遅ければ価格は低い商品ということになります。コピー機導入を考えている会社が、さほど枚数やスピードを必要としていない場合、高スピードで印刷できるコピー機ではオーバースペックということになり、高い費用を出して購入しても、宝の持ち腐れということになってしまいます。逆に、毎日何千枚と印刷する会社が、遅いコピー機を購入してしまうと、それではロースペックで業務に追いつかず、支障が出てしまう結果になります

つまり、会社に適したコピー機の選び方とは、月間印刷枚数を換算し、どのスペックが適しているかということを把握することが大切なポイントになります。まずは自社の業務内容について理解し、必要なコピー機について考えると良いでしょう。

費用を抑えて賢く購入

中古コピー機コピー機の導入方法として、中古コピー機を購入する方法があります。新品で購入するよりも、はるかに安い価格で購入することができますし、新品の場合は納品に1~2週間かかる可能性がありますが、中古の場合は納品までスピーディーで、早い場合だと即日納品可という場合もあります。すぐに使用したいという場合にも中古コピー機がお勧めです。

また、リース契約の場合は、初期導入費という点においては、中古コピー機よりも安くなりますが、その後のランニングコストを長期的に計算した場合、実はトータルコストは中古コピー機よりも高くなってしまう可能性があります。目先のことだけではなく、会社を運営していく上では、長期的な視野を持つことも大切です

中古コピー機と聞いて、古い商品はすぐに壊れてしまって結局修理費等が高くついて意味がないのでは、と不安に思われる方もおられるでしょう。しかしながら、中古コピー機の中には、まだ新品扱いという機種でも売りに出されることが多々ありますので、タイミングや中古コピー機を扱う業者によっては、ほぼ新品同様の掘り出し物が見つかる可能性も大いにあります。費用を抑えて賢く購入するのであれば、中古コピー機の購入が大変お勧めです

中古コピー機を活用

コピー機オフィスやお店で仕様するコピー機は、ある程度の機能やスピードを備えている必要があり、家庭用と同様という訳にはいきません。業務用のコピー機を導入する場合、その購入費用は一台だけでもかなりの額が必要となってきます。新しくオフィスを構えるという場合には、オフィス機器のみならず、開業の為に、家具や内装、あらゆる準備に費用がかかり、相当額の初期費用が必要になりますので、コピー機に費やす額はできるだけ抑えたいと考えます。

オフィス機器の中でも、コピー機は今や、どんな仕事でも、パソコンに匹敵する程、無くてはならない存在となっています。その導入方法とは、新規で購入する、リース契約で導入する、中古コピー機を購入するという3つの方法があります。そのどれもメリット、デメリットがありますので、会社によってそれぞれ適切な購入方法は異なってきます。あるいは、導入される方の好みや条件によっても変わってきますので、使用する社員の方々との話し合いも必要になるでしょう。

ここでは、いくつかある購入方法の中で、中古コピー機の導入について紹介したいと思います。また、コピー機の選び方についても、高ければその会社に適切だという間違った考え方をしている方も沢山おられますので、賢い選び方についても説明します。これから起業されるという事業主の方、あるいは、コピー機の導入を検討されていて、購入方法や選び方について悩まれている方へ、ぜひ参考にしてみてください。